\ 様々なトピックをトレンド関係なしに綴ります/

桃のおいしい切り方

この切り方のPOINT は…

  1. 果肉が潰れない
  2. 果汁は閉じ込めたまま
  3. 早い
  4. 簡単

フルーツは、美味しい果汁を出来るだけ閉じ込めたまま、食べる!これに限る。

切る段階で果肉が潰れたり、果汁が出ちゃったりするのは残念でならない。

昔「伊藤家の食卓」という生活の知恵や裏技を教えてくれる番組があったが、子供ながら毎回見入っては色々試したものだ。

この桃の切り方も、「伊藤家の食卓」で見てからずっとやっている。桃を美味しいまま食べられる方法。簡単で美味しい上、綺麗に出来た時の気持ちよさと言ったら。

桃のおいしい切り方 

①皮が付いた桃を果肉を潰さぬ様に、ナイフで十字に切れ目を入れる(種まで到達する様にしっかり)

②両手で持って、ルービックキューブみたいにスライドさせて種から外す

③皮を剥いて食べるだけ

熟しすぎて柔らかくなり過ぎた桃だと、この切り方は出来ませんのであしからず。

フルーツに始まる1日は、なんたる幸せ。

暮らし食べること
スポンサーリンク
hello meをフォローする
hello me

10年程大きく事業をしていて、お陰様で忙しすぎた。会社の成長につれ本当にやりたい仕事と現実がかけ離れてきた。沸々と湧く、縮小願望。数年掛けて、念願の事業縮小成功。現在は夫婦でコンパクトな事業を経営。ダウンシフトして手に入れられた、質の高い仕事、そして利益(!?)心の余裕が生まれて人生を取り戻せた。
人生、山あり谷あり平坦あり、踏ん張りながら楽しんだもの勝ち!

hello meをフォローする
hello me

コメント

タイトルとURLをコピーしました