\ 様々なトピックをトレンド関係なしに綴ります/

稼ぎになる事ばかりが忙しい事ではない?

つい先日、キャンプに出掛けてきた。

湖畔で4日間過ごしたのだが、日中は暖かいものの、日が暮れるのは早く、初秋だが夜になると5℃まで下がる。

本当に寒い。

そう、キャンプした場所は、北海道富良野なのである。

火の熱、そして薪火で作る茸汁や熱燗が冷えた体に染み渡る。温かいものに命拾いする、この格別の美味しさたるや。

日中本を読んでいたら、散歩に来ていた地元のご年配のご夫婦に話かけてもらった。

紅葉の季節になると湖を訪れるというそのお二人との、とっても印象に残った話のやりとりがあった。


ご夫婦「キャンプはよくするんですか?」

  「はい、好きで色んな所に行きます」

ご夫婦「あらいいですね、どれ位の期間行くんですか?」

  「長かったのは、10日間で北海道一周した事があります」

ご夫婦「すごいわね〜!じゃあ仕事もゆっくり働けているんですね。私らなんかは朝の7時から○時まで、あーだこーだ(割愛)」

  「…うーん、ゆっくりって事もないんですけどね、まぁでも会社勤めじゃないのでペースは自分で決めて働けてますかねぇ〜」

ご夫婦の奥さん 「お父さん!そんな事ないわよ!こーんなに沢山薪割りしてるんだから、ゆっくりなんてしてられないわよ!」

ご夫婦の旦那さん 「そうだそうだ〜こりゃ忙しい。ハッハッハー」


あまりの寒さに、夫が流木を沢山薪割りして積んであったのだ。

その積まれた薪を奥さんが見て、すかさず言った。

「お父さん!そんな事ないわよ!こーんなに沢山薪割りしてるんだから、ゆっくりなんてしてられないわよ!」

この奥さんが放ったフレーズが、なんだかとても凛々しく聞こえ、私はハっとしたのだった。

稼ぎになる事ばかりが忙しい事ではないのだ。

生きるためにしている事は、忙しいのだ。

夜、そんな事を猛烈に寒いテントの中で考えていたら、子供の頃に大好きだった「北の国から」を思い出した。

そして気がついた。

私は富良野にいたのだ。

大人になった今、あらためて子供時代ぶりに「北の国から」に触れたい、そう思い立ち、1話からのあらすじをテントの中で復習し、次の日の日中はロケ地を巡ることに決めた。

なんだかとても導かれてここへ来た様な気がするのであった。

コミュニケーション暮らし
スポンサーリンク
hello meをフォローする
hello me

10年程大きく事業をしていて、お陰様で忙しすぎた。会社の成長につれ本当にやりたい仕事と現実がかけ離れてきた。沸々と湧く、縮小願望。数年掛けて、念願の事業縮小成功。現在は夫婦でコンパクトな事業を経営。ダウンシフトして手に入れられた、質の高い仕事、そして利益(!?)心の余裕が生まれて人生を取り戻せた。
人生、山あり谷あり平坦あり、踏ん張りながら楽しんだもの勝ち!

hello meをフォローする
hello me

コメント

タイトルとURLをコピーしました